コミックス 

ハクメイとミコチ8巻

緑深き森で暮らしている、身長9センチメートルの小さな女子2人の日常。
いまさらですが、日常系にほのぼのしたい人におすすめ。

ハクメイとミコチのおすすめなところ

  • 2人の主人公ハクメイとミコチをはじめ、魅力的なキャラクターたち
  • ファンタジーの中にリアルを作り出す世界観
  • 自然、街など世界観をしっかり描き出す繊細で緻密な画
  • おいしそうな料理
  • ときに笑え、ときに心にしみる、ほのぼの癒されるストーリー

8巻は

主人公+レギュラーメンバーの魅力がさらに深まる1冊。

個人的にはセン回の「迷子とランプ」、
何もない1日が大切な1日「退屈と二度寝」が好き。

とくに 「迷子とランプ」 。自分もコミュ障気味なのでセンが見知らぬ子供に寄り添い見守る勇気とエネルギーとやさしさに心温まるのでした。

ハクメイとミコチ8巻

樫木祐人

何気ない日常度

魅力的なキャラクター度

癒され度

ハクメイとミコチ8巻へのコメント

コメントを残す

コメントは承認制となります

プロフィール

マケイヌ

人生のメインストリームから外れた40代の♂。

90年代オルタナにはまり、文字通りメインストリームから逸脱。 その後もたびたび人生から逃亡。

心が動いた作品の紹介や 自分のちいさな経験、HowToを発信できればと日々模索中。

1年後までにイラストと写真のポートフォリオをつくりたい。

記:2019年12月

▼プロフィールはこちら

Follow me

アーカイヴ