音楽   alternative 

Battles-Juice B Crypts

いやはや3ヵ月遅れの感想。我ながら遅い。

元Don CaballeroのIan Williamsと元HelmetのJohn Stanierの2人体制となったBattlesの最新作。

リキッド・リキッドのメンバーでノー・ウェイヴ のレジェンドSal Principatoや、Yesの初代ヴォーカリストのJon Anderson、台湾のエクスペリメンタルバンド落差草原WWWW、鼓童の住吉佑太などジャンル無用のユニークなゲストが参加。

重層的だがミニマルなギターとキーボード、マシーンのようなドラムス。2人体制となり、よりタイトになったサウンドは無機質に響くが、そのリズムとメロディーは生き生きと体と心に熱を吹き込んでくる。そしてジャンルレスなゲストがBattlesらしい一筋縄ではいかないポップさに彩をあたえている。

生演奏とエレクトロニクス、ミニマルさとソウルフルなパッションを自在に行き来するサウンドは、まさに音楽にあわせ生物のように動くビジュアライザーで表現された「Titanium 2 Step」のPVの世界そのものだ。

90年代オルタナのなかで唯一無二なドラムを聴かせた John Stanier とマスロックの雄Don CaballeroのIan Williams。この奇跡のような組み合わせがいつまでも聴けること願っております。

興味ある方はHelmetとDon Caballeroもぜひ(特にHelmetのMeantimeとBettyは1万回逝けるおすすめです)。

ちなみに2019年Battlesと!!!のライヴに行けなかったことが残念過ぎる。。。

Battles-Juice B Cryptsへのコメント

コメントを残す

コメントは承認制となります

プロフィール

マケイヌ

人生のメインストリームから外れた40代の♂。

90年代オルタナにはまり、文字通りメインストリームから逸脱。 その後もたびたび人生から逃亡。

心が動いた作品の紹介や 自分のちいさな経験、HowToを発信できればと日々模索中。

1年後までにイラストと写真のポートフォリオをつくりたい。

記:2019年12月

▼プロフィールはこちら

Follow me

アーカイヴ