音楽   rock/pops 

Dinosaur Jr.-Green Mind

人生敗北糞野郎ことマケイヌです。今回のおすすめは

1990年代オルタナ、グランジを代表する一枚 
DinosaurJr.のメジャー1stとなる4thアルバム「Green Mind」です。

DinosaurJr.とは

  • 1984年にJ・マスキス(g,vo)、ルー・バーロウ(b)、マーフ(ds)をメンバーに結成された、米マサチューセッツ州出身のロック・バンド。
  • 1989年ルー・バーロウ脱退後はJのバンドユニット的な側面が強くなる。
  • 2005年にオリジナルメンバーで再結成。
  • Jの轟音ギター/ギターソロ、ポップなメロディーと気だるいボーカルが特徴

インディーズ時代の「You’re Living All Over Me」、「Bug」も人気ですがマケイヌ的にはキャッチーさを聴かせてくれるのメジャー1stから3rdあたりが好みです。

M1「The Wagon」からいきなり全開です。アコギのカッティングが小気味いいM2「Puke and Cry」。淡々としながらぐっとエネルギーをため込んでいくようなM3「Blow Up」からロックなM4「I Live for That Look」へのシームレスな流れがいい。アコギと崩れてしまいそうなヴォーカルのM5「Flying Cloud」。終盤のギターソロにやられるM6「How’d You Pin That One on Me」。メロトロンとギターが紡ぐはかなくも力強いバラードナンバーM9「Thumb」。そしてキャッチーだがどこか醒めているタイトル曲M10で大団円。棄て曲ないです。

どうしようもない閉塞感、退廃、殺伐とした空気がポップに昇華されてたサウンドは、どこかあの時代を映したかのような雰囲気を感じるが、しかし30年たったいまも全く色あせていない。エモーショナルな傑作。

Joseph Szaboの写真を使用したジャケも最高です。

Green Mind

Dinosaur Jr.

マケイヌ的名盤度

マケイヌ的オススメ度

Dinosaur Jr.-Green Mindへのコメント

コメントを残す

コメントは承認制となります

プロフィール

マケイヌ

人生のメインストリームから外れた40代の♂。

90年代オルタナにはまり、文字通りメインストリームから逸脱。 その後もたびたび人生から逃亡。

心が動いた作品の紹介や 自分のちいさな経験、HowToを発信できればと日々模索中。

1年後までにイラストと写真のポートフォリオをつくりたい。

記:2019年12月

▼プロフィールはこちら

Follow me

アーカイヴ