音楽   electronic/club 

SQUAREPUSHER-BE UP A HELLO

人生敗北糞野郎ことマケイヌです。今回のおすすめは

SQUAREPUSHER、前作から5年ぶりとなる2020年 1月31日にリリースのアルバム「BE UP A HELLO」。

自分がエレクトロニック・ミュージックを書き始めた頃、つまり90年代に自分が使っていた、そういう機材を使って新作を作りたいと思った。とにかくやりたかったのは、何かに取り組み、仕上げ、そして次に進む、ということ。今回のアルバムは直球で、インパクトに満ちた響きにしたかったんだ。

SQUAREPUSHER

彼の音楽の源泉の一つであるジャズ、フュージョンのテイストは薄く、エレクトロニクスの側面が顕著にあらわれている。

初期衝動とキャリアが相互作用し、振幅大きく多彩で刺激的な1枚。

M-1 Oberlove、M-2 Hitsonu のメロディに、今作はこんなキャッチーな感じなのねと油断しているとド直球のM-3 Neverlevers、M-4 Speedcrankに叩きのめされます!そしてニューエイジをおもわせる静かなM-5で前半戦終了。

後半戦はヘヴィで凶暴なM-6 Vortracksで幕開け。M-7はPVも秀逸だったTermnal Slam。個人的に今作のベストM-8 Mekrev Bass、不穏なうわものとドリルンベースがこれでもかと揺さぶってくる。ラストは深淵でダークなアンビエントM-9 80Ondula(どうでもいいですが PLAY DEAD’S INSIDEかい!と思わず突っ込んでました)。

陽と陰。愛と狂気。ハッピーでダウナー。このアルバムは人間の営みそのものかとも思える。 無機質でありながら感情を揺さぶる1枚。

BE UP A HELLO

SQUAREPUSHER

マケイヌ的おすすめ度

SQUAREPUSHER-BE UP A HELLOへのコメント

コメントを残す

コメントは承認制となります

プロフィール

マケイヌ

人生のメインストリームから外れた40代の♂。

90年代オルタナにはまり、文字通りメインストリームから逸脱。 その後もたびたび人生から逃亡。

心が動いた作品の紹介や 自分のちいさな経験、HowToを発信できればと日々模索中。

1年後までにイラストと写真のポートフォリオをつくりたい。

記:2019年12月

▼プロフィールはこちら

Follow me

アーカイヴ